トップ 高徳院(大仏) 


日本の二大大仏のひとつ

高徳院(大仏)


1712年に創建された浄土宗の寺院。境内に鎮座する有名な「鎌倉大仏」は、高さ13.35m、重さ124トン。正確な名称は大異山高徳院清浄泉寺(だいいざんこうとくいんせいじょうせんじ)の阿弥陀如来坐像。鎌倉時代の代表的な青銅彫刻の傑作である。沙門浄光(しゃもんじょうこう)という僧が庶民から寄付を募って造った庶民のための大仏さまで、建造当初は木像仏だった。
(写真は、非常に珍しい雪をかぶった大仏〜98年1月撮影)

住所 長谷4-2-28
TEL 0467-22-0703
時間 7:00〜18:00(冬期17:00まで)
料金 200円(大仏胎内拝観20円)
交通
アクセス
江ノ電長谷駅から徒歩10分/JR鎌倉駅東口からバス「大仏前」下車すぐ
主な
みどころ