トップ 浄光明寺 


重要文化財の阿弥陀三尊像

浄光明寺(じょうこうみょうじ)


源頼朝の天下統一を助けたとされる文覚上人が頼朝の願いで建てた寺院を、1251(建長三年)に六代執権北条長時が真阿上人を招いて中興建立したのがこの浄光明寺であると伝えられている。初めは、浄土、真言などいくつかの宗派の道場となったり、後醍醐天皇の子成長親王の祈願所になったりした。また、足利尊氏が1335年(建武2年)、朝廷に対して反抗する意志がないことを示すためにここに籠もったといわれている。南北朝、室町時代において鎌倉公方の保護をうけて栄えた。本尊の木造阿弥陀三尊像は国の重要文化財に指定されている。真言宗の寺。

住所 扇ヶ谷2-12-1
TEL 0467-22-1359
時間 自由(阿弥陀三尊像拝観 10:00〜12:00、13:00〜16:00)
木、土、日、祝のみ阿弥陀三尊像拝観可(雨天中止)
料金 無料(阿弥陀三尊像拝観200円)
交通
アクセス
JR鎌倉駅西口から徒歩15分
主な
みどころ
八坂不動明王(非公開)、阿弥陀三尊像(国の重要文化財)、冷泉為相の墓、網引地蔵

主な行事
花暦
  2月…ウメ
6月…アジサイ
8月…サルスベリ
9月…ハギ、ヒガンバナ
12月…スイセン