トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第190号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.190(2006年10月10日)



No.189
No.191



鎌倉の自然を考える


 鎌倉の豊かな自然って素晴らしいですね。

 鎌倉は他の地域よりもカラフルな花(被子植物)と

 この花粉を運ぶ多くのチョウや昆虫が目立ちます。

 被子植物は、豊かな繁栄をねらって昆虫を巧みに

 利用しているんです。 どうしたら昆虫を集めて

 花粉を運んでくれるのか戦略を考えたのでした。 

 それは、”栄養豊富な蜜””を花粉の奥にこっそり用意したのです。 

 それを知ったチョウはハチなどの昆虫は、競って美味しい蜜

 を求めたのです。それぞれの花をまわって蜜を吸っているうちに

 花粉もしっかり運んでいたのです。



 こうした昆虫たちは、蜜によって栄養が満たされて

 仲間がどんどん増えていきました。そして花たち

 (被子植物)も勢力を大きく拡大して行きました。

 それだけではありません。昆虫を集めるための

 魅力的な”香り”とカラフルな装いの”花”をそれ

 ぞれが、競って進化させていったのでした。

 こうして鎌倉をはじめ多くの野山で被子植物が

 勢力を拡げていったのです。



 まさに、これが進化の”瞬間”です。 

 それぞれ昆虫も花も”進化”には無意識

 のようですが、蜜と花粉という強力な

 ものを用意した戦略が功を奏したのは

 いうまでもありません。


No.189
No.191