トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第200号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.200(2006年11月10日)



No.199
No.201



豊かな森そして海



ハンミョウの交尾、滑川の源流付近にて
 鎌倉の海は豊かな海です。

 イワシ、シラス、サザエ、ワカメなど

 豊かな海には、鎌倉の豊かな森があるからです。

 ハンミョウも鎌倉の森が気に入っているようです。

 豊かな森には、ほ乳動物、は虫類、両生類、昆虫

 など生物多様性の森があるのです。

 生物多様性の森は、生き物一種類も欠けてはならないの

 です。このマムシも欠けてしまったら豊かな森も

 なくなってしまうのです。


今では貴重なマムシの姿



ゲンジボタルの光跡
 鎌倉のあちこちの谷戸にはゲンジボタルが

 昔から生息しています。この明るく長い光跡を

 ご覧下さい。 ゲンジボタルも決して絶やしては

 いけないのです。

 豊かな森からの川は、栄養が豊富で

 ホタルの餌であるカワニナはじめサワガニ、

 トンボの幼虫などが生息しています。

 オハグロトンボも最近復活の傾向にあります。


オハグロトンボ



アユとオイカワ 滑川にて
 豊かな森から流れた川の河口には

 海からアユが遡上してきます。

 オイカワも繁殖の季節を迎えています。

 鎌倉の豊かな海は豊かな森に支えられています。

 鎌倉の豊かな自然、ながく守りたいものです。

             撮影: 池 英夫


No.199
No.201