トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第207号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.207(2006年12月7日)



No.206
No.208



風 紋



 風の強い日は浜辺に人が出ていませんが

 こんな強い風の日だからこそ浜辺には

 美しいものが見えてきます。

 強い風が砂をさらさらと動かしています。

 まるで生き物のように砂が移動していきます。



 砂浜の地形に沿うように ゆっくりと

 ゆっくりと 砂が動いて形を作って

 いきます。

 砂の大きな粒子はどっしりとしています。

 小さくなるにしたがってより遠くへ飛んで

 行きます。



 こうして、またたくまに足跡を消して

 誰も歩いていない、新しい砂浜が現れます。


No.206
No.208