トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第21号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.21(2005年6月23日)



No.20
No.22



鎌倉沖の深海の様子



威嚇するアカザエビ
 蒸し暑い季節になりました。 そこで涼しい深海を
覗いてみましょう。

 鎌倉沖の深海で代表的なのがアカザエビです。相模湾の
水深300mで撮影しました。 砂泥の海底に巣穴を掘って
棲んでいます。 
 この画像を見て遠くアメリカミシシッピーから鎌倉へ来た
アメリカザリガニをイメージした方はかなりのナチュラリスト
ですね。長いヒゲやハサミを挙げて威嚇する様子はアメリカザ
リガニと同じです。

 やはり砂泥の水深300mあたりに棲む深海性の
イソギンチャク、ダーリアイソギンチャクです。 
海底に花が開いたように拡げた触手に触れた生き物を
口に運んで食べています。 海底の表面の流れは、ゆる
やかな流れで1秒間に5〜10センチほどです。
 これを超える速い流れでは泥も流されはじめ、さらに
速くなり1秒間に50センチ(1ノット)を超えると
海底にリップルマーク(凹凸の縞模様)ができはじめます。


深海の花のようなダーリアイソギンチャク



大きなオトヒメノハナガサ
 海底に咲いたようなと言えば、このヤマユリのような
ものはヒドロ虫類の仲間オトヒメノハナガサです。
相模湾水深580mで撮影されました。
 オトヒメノハナガサは流れの下に向けて咲いていて、
流れをのぼってくる遊泳力のある生き物を食べています。
大きなものは高さ1メートルを超えるものもいます。

 相模湾の深海にはカガミダイも棲んでいます。
と言っても発光したり、形がグロテスクな深海魚では
ありません。 定置網に入ったりと魚屋の店先にならぶ
こともあるカガミダイです。強いて言えば目が大きいこと
ぐらいでしょうか?
 ヒレは柔らかくて大きいので、あまり速い流れはきらいな
ようです。このあたりが深海魚らしさかも知れません。

 この画像の著作権はJAMSTECにあります。JAMSTECの
承諾を得て掲載しています。


平べったいカガミダイ


No.20
No.22