トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第216号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.216(2007年1月9日)



No.215
No.217



鎌倉の落日


 鎌倉の海へ沈む夕日は美しい!

 大自然の刻を感じるようだ

 地球の今、進む時間を確認するように

 人々は沈む夕日を見続けている。



 こうして大自然の刻を身体に感じると

 スローライフとは? など考えてしまう。

 また、自分の経験してきたことなど

 自分に問いても見たくなる。

 子供の頃からのことなど。



 そして自分のこれからのことなど。

 夕日が沈んでも暗闇はすぐには来ない。

 この一刻の美しさも鎌倉の海なのだ。



No.215
No.217