トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第295号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.295(2007年10月10日)



No.294
No.296



孔あきのサクラガイ その2


海辺も秋深まってきました。

いよいよサクラガイの季節になりました。

今日の材木座には2枚そろったサクラガイ

が多く打ち上げられていました。

バラバラになりやすく、殻も割れやすい

サクラガイがこうして二枚そろって拾える

のは珍しいことです。



今日は二枚そろったものが224ヶも拾えた大漁だった

ので、去年12月9日に行った「孔あきサクラガイ」の

調査をもう一度してみました。

224ヶのうち、ツメタガイが孔をあけた貝が196ヶ

(87.5%)もあり、前回の83%より被害が多く

なっていました。

孔のあいていないサクラガイは、28ヶ

(12.5%)しかありませんでした。

前回は17%でしたが今回は12.5%とさらに

減っていました。 ツメタガイの数が増えて

いるのかもしれません。



きれいなサクラガイは殻も薄くツメタガイに

襲われやすいのかもしれませんが、何か守って

あげる方法はないでしょうか?

 とりあえずツメタガイの卵の塊「スナジャワン」

を駆除するのも一つの方法かも知れません。


No.294
No.296