トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第296号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.296(2007年10月11日)



No.295
No.297



孔あきサクラガイ その3


   肉食の巻貝であるツメタガイは

ハマグリの厚い殻も溶かして孔をあけて

身を食べている。 ご覧のように反対側には

貫通していないが孔をあけようとした跡が

残っていた。時間切れだったのだろうか?

あきらめたのだろうか? それとも酸が切れて

しまったのだろうか?

 サクラガイの場合はこれにくらべると

あっさり孔をあけてしまうようだ。



 殻も薄く、容易に酸で孔が貫通して

身を食べている。

 きっと1日に何個ものサクラガイを

食べているのだろう。あるいは子供の

ツメタガイの餌なのかも知れない。

 ともかく鎌倉のサクラガイはツメタガイ

の大きな被害を受けて、このままでは絶滅の

危機に向かっている。



No.295
No.297