トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第32号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.32(2005年8月24日)



No.31
No.33



波と遊ぶナミノコガイ



ムラサキウニに大喜び
 大潮の和賀江島に行ってきました。
 玉石の転石の中にはハゼ、エビ、カニ、ヤドカリなど
 が一杯隠れていて、餌を撒いて待っていると石の下か
 ら出てきて、まるで水族館のよう。まわりの人達もウニ
 やナマコ、ヒトデなど採って子ども達に見せてくれまし 
 た。都会の子にはいい思い出となりました。

 磯遊びのあとは、寄せては返す波とたわむれ、
波遊びを楽しみました。 
 干潮から潮が上がってきて波がほどよく強くなって
きました。


海水浴客は波とたわむれていました。



上げ潮の波に乗ってナミノコガイが
 潮が満ちてくる中で、上げ潮の波に乗って
ナミノコガイが来ました。 ナミノコガイは
波乗りをする貝として知られています。
 相模湾では干満で海面が1.5mほど上がり
下がりしますが、いつも波打ち際を生活の場と
しているナミノコガイ、砂浜の移動は大変な
労力、そこで上げ潮の波に乗って3mほど移動
し、さっと砂浜へ潜り、また、次の大きな波が
くるとさっと砂浜から出て、波に乗って2〜3m
移動するのです。

 このナミノコガイの行動は見ていて飽きません。
大きな波を音でとらえて、直前に一斉に砂の中から
ムクムクと現れ、波に乗って行きます。
 波乗りの最中もうまく波に乗るよう工夫している
ようです。例えば水菅を出す、舌を出す、空気を殻
の中に入れて軽くするなど。
 そして砂浜では潮が引くと舌を出してブレーキを
掛け、次の波で貝を立てて一瞬に砂の中に潜って行
きます。


和名ではフジノハナガイと呼ばれています。



フジノハナガイはきれいな貝です。
 このナミノコガイはよく見るととても綺麗な貝です。
小さな貝だからできるのでしょうがどうして”波乗り行動”
を選んだのでしょうか?
 また、この行動を観察していると波をよく理解して
”波乗り行動”しているのが判ります。

 皆さんも 鎌倉の海岸で見られるナミノコガイの
”波乗り行動”是非観察してみて下さい。


No.31
No.33