トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第352号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.352(2008年3月22日)



No.351
No.353



タイのタイ 耳石



 私は魚を食べるのが大好きです。

 特にタイの兜煮は、ハシで解剖する

 ようにほほや眼の周りの肉を探しな

 がら頂くのです。これは「タイのタイ」

 (鯛中鯛)と呼ばれる縁起のいいもの

 です。



 きれいに食べるとこれだけの骨が

 集まりました。 上からタイのタイ

 上顎骨、下顎骨、耳石(鯛石)です。



 耳石は。魚の耳とか魚の心と言って

 これで平衡感覚を保っています。

 これで年令が判ります。これは骨では

 なく石なので海底で骨のように溶けずに

 残ります。サメの歯と同じです。



 タイの上顎と下顎です。

 海底の岩についた殻のある虫も

 この歯で割って食べています。



 タイの歯並びも前歯や奥歯が並んで

 います。尖った前歯で器用に虫を

 引きづり出して食べています。

 皆さんもぜひタイの兜煮で試して

 みませんか?


No.351
No.353