トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第357号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.357(2008年4月15日)



No.356
No.358



馬の歯



 鎌倉の海辺には昔の馬の歯が打ち寄せ

 られる。

 他の海辺ではあっても1年に1個ないし

 2個程度であるが、鎌倉の海辺に打ち上がる

 のは年に100個はくだらない。



 どうして鎌倉の海辺には馬の歯が

 多いのだろうか? 古くは鎌倉時代

 から江戸時代のものだろうか、

 材木座には骨塚があって掘ると今でも

 馬の骨や歯が出土する。



 砂浜に埋められたものが大雨などで

 流れ出て、海底に溜ったものがうねり

 などで打ち上げられるようである。



 鎌倉時代の馬は小ぶりの馬であった

 ようだが、江戸時代の馬はかなり大きい

 したがって馬の歯も大きなものが打ち上がる。

 鎌倉時代から江戸時代まで大小の馬の歯が

 打ち上がるのだ。



 細いのは切歯と言って前歯で草をむしり取

 る歯である。細く尖ったのはオスの馬だけに

 ある犬歯のようである。 当時の情報が詰まった

 馬の歯、いい研究テーマになりそうである。


No.356
No.358