トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第37号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.37(2005年9月7日)



No.36
No.38



逝く夏を惜しむ



パラソル越しの浜はもう秋の気配
 鎌倉の浜辺はすでに海の家も一部取り払われ
秋の気配が感じられます。

 賑わった夏の浜とも別れて、静かな浜辺が戻
りつつあります。

 浜辺に静けさが戻るとどこからかシギが一羽
盛んにくちばしを振って餌をとっていました。
 旅の途中の栄養補給でしょうか? 近づく人
にも目を触れず夢中で餌をとっています。


浜辺でシギが餌をとっていました。



浜辺には立派な角のサザエが落ちていました。
 鎌倉のサザエは立派な角があってこそ「鎌倉のサザエ」
ですから浜辺で立派な角のサザエが落ちていると格好いい
と思わずシャッターを切ってしまいます。

 このサザエ男前ですね〜。

 日焼けしたお嬢さんのような貝が落ちていました。
ツメタガイですね。 サクラガイに穴を開けてしまう
肉食の貝です。 


こんがり日焼けのツメタガイ



台風のうねりでサクラガイが拾えました。
 鎌倉名物のサクラガイ、サクラガイの唄を知っている
のでしょうか、多くの観光客の方々が拾って行かれます。

 一枚一枚がとても綺麗で身近に置いておきたい貝です。


No.36
No.38