トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第549号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.549(2010年4月4日)



No.548
No.550



珍鳥を撮る人たち


鎌倉に飛んで来た日本初記録の

小さな鳥を撮ろうと多くの鳥ファン

がやってきている。


なんと1日に200人ものファンが

大きな望遠カメラを担いで撮っている

のだ。小鳥の名はキヅタアメリカムシクイ

でスズメより一回り大きいほどの大きさだ。


撮影しているカメラマンは日本全国から

来ている熱心な鳥ファンだ。 2〜3時間

撮影して満足して帰っていく。


グーグルなどにキヅタアメリカムシクイ

と検索すると鎌倉で撮られた画像が見える

この小鳥はあまり移動せず餌をとったり

している様子が”撮り放題”なのだ。

皆さんマナーを守って小鳥を見守っている。


大きな望遠カメラでいい表情を

撮っている。 このような機会

はめったにない。一羽の小鳥が

ナチュラリストを集めて、自然に

対するマナーやカメラマン同士の

マナーを説いているようだ。


1月19日に鎌倉で発見され鳥類学会へ

報告され、3月24日にここで再確認

された。 私たちもマナーを守ってこの

鎌倉の小鳥を温かく見守っていきたい。


No.548
No.550