トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第7号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.7(2005年5月17日)



No.6
No.8



サザエ本来のすがたは?



代表的なサザエを選ぶのは難しい
 鎌倉の沖には褐色の海藻が生い茂っていて、それを食べるサザエが
生息しています。 サザエは夜行性で漁師の方は刺し網で採っていま
す。 中身がヤドカリであったりすると殻が捨てられて浜へ打ちあげ
られています。

 サザエと言えば“つの”ですが、外洋性のサザエはつのが発達し、波
の静かな内湾性では“つのなしサザエ”となってしまう。 サザエを描
こうとすると「代表的なサザエ」でそれには“つの”の発達したサザエ
をイメージしています。
 

 鎌倉のサザエは、波の具合が丁度よく、“つの”が発達して
いて、イメージに近いサザエを拾うことができます。貝の
コレクターは“サザエにはじまり、サザエに終わる”と言われ
るほと”つの”にこだって探しています、従ってサザエのコレ
クションは奥が深い。と言われています。 
 そのコレクターも鎌倉のサザエには一目置いているよう
です。私も形の良いサザエを探しました。 写真のが形の
良いものです、サザエはアメリカにいないようで貝のコレ
クターに形の良いサザエとお宝とを交換しましょうと申し
出があるそうです。


形の良いサザエを探すのも楽しみの一つである



昔は大きいサザエがいたようですが、最近は大きくなる前に採られてしまうようです。
 昭和天皇の相模湾の貝類の本には、サザエは殻高が13センチに
もなると書かれていて、最大級は13センチと言われています。 
鎌倉のサザエを長年見ていると最大級のサイズが見つかります。 
大きめのサザエを見つけたらメジャーで測ってみて下さい。
13センチを超えるのが見つかればお宝となりますよ!


No.6
No.8