トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第70号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.70(2005年12月6日)



No.69
No.71



調味料のガラスビン


 鎌倉の浜辺には調味料のガラスビンがかなり落ちています。

 調味料の種類は、味の素であったり、 S&Bのコショーで

 あったりですが、かなり古いものもあります。

 

 このビンのそこにはAJINOMOTOとエンボスで

 書かれています。かなり古いビンのようです。

 明治42年(1909年)から発売された

 味の素のビンとよく似ています。



 
これは味の素のビンです。このビンは私たちも記憶に

 あります。 昭和30年代の頃のものでしょうか?

 このビンは コショーのビンでいずれも S & B と

 書かれています。昭和27年から10〜20gのコショー
 
 の小瓶が発売されたようです。 当時のビンもこの中に

 入っているようです。



 鎌倉の浜辺は、数十年前に使われていたガラスビンも

 沖合に流れ出ずに、気まぐれな波が浜へ打ち寄せて

 くれます。  このように昔のものが打ち寄せられる

 浜辺は鎌倉ぐらいなのです。 おかげでビーチコーミング

 の拾いモノが変化に富んでいて面白く楽しめるのです。


No.69
No.71