トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第9号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.9(2005年5月23日)



No.8
No.10



沖から流れつく香りのもの



流木が流れ着いていた

 鎌倉の海には黒潮に流されてきた流木などが寄せられていま
す。これだけ大きな流木は鎌倉では珍しい、流木と言えばお香
の始まりも流木で漁師が流れ着いた流木の一部をたき火にくべ
たところ、何ともいえぬ良い香りがして、香木であったことが
判って、お上へ献上された。聖徳太子のころのことです。


 お香といえば、海岸に寄せられたガラスビンには香水の
ビンがかなりあります。 香水は値段が高く、少量づつ売
っているので小さなガラスビンになりますが、ガラスの厚さ
と容器の小ささで丈夫なガラスビンとなります。
 荒波にもまれても壊れにくいガラスビンが香水のビンです
から海岸のすみに打ち寄せられるゴミの中などに香水のビン
が落ちていることがあります。


香水のビンも流れ着く



細長いガラスビンには何が入っていたのでしょうか?

 時には小さく、そして高級感のあるガラスビンが打ち
あがりますが、口の部分が大きなものは液体ではなく、
錠剤が入っていたのでしょうか? よくガラスビンには
ガラスに文字(エンボス)が書いてあるのですが小さな
ガラスビンには文字も書き込みずらいのか書いていない
ものがおおいいようです。


No.8
No.10