トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第91号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.91(2006年2月14日)



No.90
No.92



イルカの骨


 鎌倉の浜辺には時折、イルカの骨が打ちあがります。

 クジラの骨もあるのですが、イルカの骨が多く見られます。

 イルカの骨と言えば日本各地の縄文遺跡からもイルカの骨

 が出土します。

 写真は最近拾ったイルカの骨の一部です。

 この骨は頭の後ろの骨でしょうか?

 脊椎の上に大きな神経が通った空洞が

 あります。



 イルカはとても人気のある海洋動物です。

 頭がよく人とコミュニケーションもとれます。

 ここからは想像の世界です。きっと鎌倉の浜辺

 で見つかるイルカの骨は、アフリカのように

 人とイルカが協力して漁をしていたイルカかも

 知れません。

 イルカの群れが漁師の小さな網に小魚を追い込んで

 いたのではないでしょうか?

 そんな仲間のイルカが病気で死んだりすると

 大事に祭って葬っていた。 とかロマンを込めて

 書きました。 

 



 鎌倉の浜辺には馬の歯以上に イルカの骨が

 打ち寄せられています。 こんなに多くのイルカが

 鎌倉の沖に遊びにきていたのは間違いのない事実です。

 皆さんも鎌倉のイルカ 楽しい人との関係を想像して

 みては如何でしょうか?


No.90
No.92