トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



前の月
次の月
新規投稿

 
大安


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
赤口


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
先勝


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
友引


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
先負


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
仏滅


能を知る会鎌倉公演−戒めの能

企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
大安


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
赤口


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
先負


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
仏滅


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
大安


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
赤口


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
先勝


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
友引


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
先負


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
仏滅


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
大安


企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
赤口

先勝

友引


特別展『清方描く、鏡花の世界』
先負


特別展『清方描く、鏡花の世界』
仏滅


特別展『清方描く、鏡花の世界』
大安


特別展『清方描く、鏡花の世界』

能を知る会鎌倉公演−恋之舞
赤口


特別展『清方描く、鏡花の世界』
先勝


特別展『清方描く、鏡花の世界』
友引


特別展『清方描く、鏡花の世界』
先負


朗読と作品解説で楽しむ 泉鏡花と清方

特別展『清方描く、鏡花の世界』
仏滅


特別展『清方描く、鏡花の世界』
大安


特別展『清方描く、鏡花の世界』
赤口


特別展『清方描く、鏡花の世界』
先勝


特別展『清方描く、鏡花の世界』
     

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


9月1日(土)〜10月17日(水)  美術  企画展「色づく秋、色めく秋―清方の美」
四季折々の風情を、市井の人々の営みや、美しい女性の姿とともに描いた鏑木清方。つくつく法師やこおろぎの声、澄んだ空を飛ぶ千切れ雲などに秋の訪れを感じ、秋が深まれば、木犀や菊のほのかな香りを楽しみ、火鉢に手をかざして読書に親しむ夜を過ごしました。清方の季節へのこまやかな感覚、作品にこめられた豊かな詩情と彩りは、清方作品の特徴のひとつとなっています。本展覧会では、江戸郊外へ出かける姉妹を秋の草花とともに描いた《桜もみぢ》や、虫の声に耳を傾ける女性を描いた《虫の音》など、秋の情趣あふれる作品をご紹介します。
【開館時間】午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)(9月17日(月・祝)、24日(月・振)、10月8日(月・祝)は開館)
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生100円(70円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
市内に在住の65歳以上の方、市内に在住・在学の小・中学生は無料
【展示解説】9月8日・22日、10月13日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100979

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

10月6日(土)  演劇・踊り  能を知る会鎌倉公演−戒めの能
「能を知る会 鎌倉公演 −戒めの能−」
2018年10月6日(土)朝の部10:00/昼の部14:00

今回の公演は「戒め(いましめ)」をテーマの公演です。小野小町に思いを寄せ、百日通えば契るとの言葉を信じ九十九日目に狂死した深草少々の怨念により成仏できない戒めを描く「通小町」と和歌を詠んだために遅刻し、戒めとして縛り上げられた男を救う熊野権現に仕える巫女を主役とする「巻絹」。何れもストーリー性に富み面白い演目です。 またその能にリンクした狂言「墨塗(朝の部)」「茶壺(昼の部)」を野村萬斎師が勤めます。能には想像力を豊かにする字幕もあり、初めて能をご覧になる方にもお薦めの公演です。

◆日時 2018年10月6日(土)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
(朝の部)10時始め
・解説:中森貫太
・狂言「墨塗」:野村萬斎
・能「通小町」: 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太

(昼の部)14時始め
・解説:中森貫太
・狂言「茶壺」:野村萬斎
・能「巻絹」:中森健之介
・質疑応答 中森 貫太

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/index.htm#kamakura-03

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス 
午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002261724P0030001
   
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002261735P0030001
【投稿者:鎌倉能舞台】 管理No.100986

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

10月20日(土)〜11月26日(月)  美術・展示  特別展『清方描く、鏡花の世界』
明治20年代末、10代の鏑木清方は泉鏡花の文学に魅了され、鏡花の小説へ挿絵を描くことを目標に研鑽を積んでいました。そんな清方と鏡花との交流は、明治35年(1902)、単行本『三枚續(さんまいつづき)』の表紙装丁や口絵などを手がけたことに始まります。二人は初対面で旧知の仲のように打ち解け、それから公私ともに親交を深めていきます。そして、装丁や口絵を製作し、「鏡花作、清方ゑがく」と称されるような美術的にも価値のある本を世に送り出しました。清方が日本画家として活躍するようになってからも二人の交流は続き、鏡花文学は清方の創作の源であり続けました。本特別展では、鏡花生誕145年を記念し、清方が鏡花の著書に描いた口絵のほか、鏡花文学に取材した名品を中心に紹介いたします。
【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、11月6日(火)
【観 覧 料】一般300円(210円)、小・中学生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体 料金。
【展示解説】10月27日、11月10日・24日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100992

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

10月23日(火)  演劇・踊り  能を知る会鎌倉公演−恋之舞
「能を知る会 鎌倉公演 −恋之舞−」
2018年10月23日(火) 朝の部10:00(団体貸切) 昼の部14:00

今回の公演は「和歌」の名手・在原業平が旅先で詠んだ「唐衣 着つつ馴れにし 妻しあれば 遙々来ぬる 旅をしぞ思ふ」の名歌が主題の美しい三番目鬘物「杜若(かきつばた」を「恋之舞(こいのまい)」の特殊演出にてご覧頂きます。伊勢物語をもとに優雅で変化の多い舞である【恋之舞】を組み込んだ「杜若」、人間と蚊が相撲を取るというなんとも滑稽な狂言「蚊相撲」をお楽しみ下さい。 能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演です。

◆日時 2018年10月23日(火) 昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
(昼の部)14時始め
・解説 「能面」 中森 貫太
・狂言 「蚊相撲(かずもう)」 高野 和憲
・能 「杜若 恋之舞(かきつばた こいのまい)」 中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/index.htm

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス 午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002261737P0030001
【投稿者:鎌倉能舞台】 管理No.100987

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

10月27日(土)  美術・イベント・行事・祭  朗読と作品解説で楽しむ 泉鏡花と清方
開館20周年記念イベントとして、特別展『清方描く、鏡花の世界』でご紹介中の泉鏡花の小説「義血侠血」「通夜物語」「註文帳」に取材した清方の名品を、俳優・奈佐健臣氏の朗読と共に解説します。
【日  時】10月27日(土)、11月10日(土)、24日(土)13:30〜14:10
【内  容】《水藝》解説(10月27日)
      《遊女》解説(11月10日)
      《註文帳》解説(11月24日)
【朗  読】奈佐 健臣 氏(俳優)
【会  場】鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
      鎌倉市雪ノ下一丁目5番25号
【料  金】無料(入館料300円別途)
【お申込み】不要
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【ホームページ】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100995

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP