トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



【TV】のデータのみ表示しています
前の月
次の月
新規投稿

   
赤口

先勝

友引

先負

仏滅

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

   

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


12月1日(土)〜2019年1月14日(月)  美術・展示  企画展「水野年方没後110年 清方、紡がれる美の系譜―師から弟子へ」
鏑木清方は明治24年(1891)、13歳で日本画家・水野年方に入門し、修業に励みました。そして、16歳で挿絵画家となり、後に師と同じ日本画家として活躍しました。年方に尊敬の念を抱いていた清方は、師のもとで学んだ技術や制作への姿勢を弟子たちへ伝えました。そして、彼らが存分に筆を揮い、発表する展覧会の場として「郷土会」を設け、後進の育成に努め、伊東深水や寺島紫明など優れた画家を日本画壇に輩出しました。水野年方没後110年を迎え、本展覧会では清方作品のほか、年方に関連した作品や弟子たちが清方に贈った寄書などを展示し、年方から清方、そしてその弟子たちへとつながる美の系譜をたどります。

【開館時間】午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、(12月24日(月・振)、1月7日(月)・14日(月・祝)は開館)、12月25日(火)、年末年始の12月29日(土)〜平成31年1月3日(木)
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生100円(70円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
市内に在住の65歳以上の方、市内に在住・在学の小・中学生は無料
【展示解説】12月8日・22日、1月12日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100999

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

12月29日(土)〜2019年2月11日(月)  美術・展示・お知らせ  弁天さまと福の神 ー同時公開 出世大黒天ー
■会期 平成30年12月29日(土)〜2月11日(月・祝) ■入館料 大人(中学生以上)300円/小人(小学生)150円  ※別途長谷寺入山料がかかります。 ■開催期間中 無休 ■時間 9:00〜16:00   …続き(詳細)を読む
【投稿者:鎌倉Today編集部】 管理No.101003

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

1月19日(土)〜2月24日(日)  美術・展示  企画展「佳人をゑがく―清方の美人画を中心に―」
美人画は、世界に類を見ない日本特有の絵画で、鏑木清方は江戸そして東京の女性美を作品に描いたことで広く知られています。若い頃、挿絵画家を目指して師である水野年方や、尊敬する武内桂舟、梶田半古の美人画を勉強し、後に日本画家を志してからは近世以降の美人画の変遷を時代風俗とともに研究しました。清方は、美に対する憧れの心を投影し、さらに美人研究の成果を結実させ、江戸の香り高い粋と品格、そして季節の美しい風情に満ちあふれた数々の名作を描きました。本展覧会では、市井の女性や文学作品に登場する女性に取材した清方の美人画作品を中心に紹介いたします。

【開館時間】午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、(2月11日(月・祝)は開館)、2月12日(火)
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生100円(70円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
市内に在住の65歳以上の方、市内に在住・在学の小・中学生は無料
【展示解説】1月26日、2月9日・23日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.101004

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

1月27日(日)  演劇・踊り  能を知る会鎌倉公演−新春の能
新春の能楽公演のお知らせです。
朝の部は、喝食僧という剃髪前の少年僧の様々な遊舞が見どころの「花月【かげつ】」を上演致します。「小歌」や「弓之段」、清水の縁起を舞い語る「サシ・クセ」、「羯鼓」と呼ばれる舞に加え、天狗の名前を上げながら面白く舞う「キリ」とずっと動き続け、見どころが多く飽きさせない"芸づくし"の能となっています。 狂言は、上演機会の少ない言葉遊びを楽しむ「鱸庖丁【すずきぼうちょう】」を上演致します。甥と伯父の嘘が、“獺【かわうそ】”と“嘘”、“庖丁”と“謀生【ほうじょう】”といった具合にお互い掛詞になっていることにご注目下さい。昼の部は、天下泰平・平和祈願を示す世阿弥作の神能、「弓八幡」を上演致します。前場では主役である老翁が「弓を袋に入れた物」を持って登場します。弓矢は袋に入れ、剣は箱に収めることにより、所持しているが使用しないことこそが太平の御代の証だと曲の中で語られます。後場では八幡大菩薩の使いとして高良明神が現れて舞う、御代を寿ぐ「神舞」が見どころとなっています。 狂言は、太平の世において“鎧”というものがどういうものか分からなくなった人々を面白おかしく描いた「鎧【よろい】」を上演致します。“縅す【おどす】”と“脅す”が掛詞になっていたりと聞いて楽しむ曲となっております。 能・狂言ともに太平の世とは何かということを考えさせられるような曲と、受け止めて頂けるのではないでしょうか。
◆日時 2019年1月27日(日)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
(朝の部)10時始め
・解説「少年の能」中森 貫太
・狂言「鱸包丁(すずきぼうちょう)」大藏吉次郎
・能「花月(かげつ)」中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太
(昼の部)14時始め
・解説「平和祈願の能」中森 貫太
・狂言「鎧(よろい)」大藏吉次郎
・能「弓八幡(ゆみやわた)」中森健之介
・質疑応答 中森 貫太

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/index.htm#kamakura-06

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス
午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002273497P0030001
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002273503P0030001
【投稿者:鎌倉能舞台】 管理No.101000

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP