トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



前の月
次の月
新規投稿

         
友引


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先負


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」

「能を知る会 鎌倉公演 −雪の曲 二題−」
仏滅


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
大安


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
赤口


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先勝


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
友引


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先負


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
仏滅


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
大安


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
赤口


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先勝


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
友引


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先負


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
仏滅


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
大安


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
赤口


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先勝


長谷寺縁起絵巻

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
友引


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先負


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
仏滅


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
大安


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
赤口


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先勝


やさしい相続セミナー

特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
友引


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先負


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
大安


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
赤口


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
先勝


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
友引


特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


9月27日(金)〜11月18日(月)  美術・展示・お知らせ  長谷寺縁起絵巻
■会期 2019年9月27日(金)〜11月18日(月) ■入館料 大人(高校生以上)300円/小人(小・中学生)150円  ※別途長谷寺入山料がかかります。  ※会期中、絵巻の巻き替えあり ■時間 9:00〜16:00(16:30閉館)   …続き(詳細)を読む
【投稿者:鎌倉Today編集部】 管理No.101026

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

10月26日(土)〜12月1日(日)  美術・展示  特別展「泉鏡花没後80年 清方と鏡花〜ふたりで紡ぐ物語の世界〜」
明治の半ば頃から、美しい文体による幻想的な小説を多く生み出し、人気を集めていた泉鏡花。清方は、挿絵画家となった10代の頃から鏡花の文学を愛読し、彼の作品に挿絵を描くことを目標に研鑽を重ねました。明治34年(1901)、23歳のとき、鏡花の単行本『三枚續』の口絵や装丁を手がけることになり、ついに対面を果たします。初対面で旧知の仲のように打ち解けたふたりは、公私にわたり親交を深めます。そして、鏡花文学への深い理解により口絵や挿絵を制作し、「鏡花作、清方ゑがく」と扉に並び記されるほど美しい本をふたりで世に送り出しました。後に清方が日本画家となってからもふたりの交流は続き、鏡花の小説に取材した日本画作品や、鏡花作品の舞台化にあたり絵看板や衣裳を手がけるなど、鏡花の文学の世界を描きました。
今秋、泉鏡花の没後80年を迎えることから、ふたりの深い関わりを示す作品をご紹介します。

【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日(11月4日(月・振を除く)、11月5日(火)、11月12日(火)
【観 覧 料】一般300円(210円)、小・中学生150円(100円)※( )内は20名以上の団体 料金。
【展示解説】10月26日、11月9日・23日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25

【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.101027

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

11月2日(土)  演劇・踊り・イベント・行事・祭  「能を知る会 鎌倉公演 −雪の曲 二題−」
令和元年11月2日「能を知る会鎌倉公演」朝の部は、【いざ、鎌倉】で有名な、名曲「鉢木【はちのき】」を上演致します。零落していた中年の武士が良縁のおかげで出世をするお話しです。
前半は雪の降りしきる上野国(現群馬県)の貧しい家での精一杯の“おもてなし”の風情、後半は舞台を鎌倉に移し、鎌倉幕府の数多くの臣下が一同に集まっている風景となります。そして、雪の夜に見ず知らずの人を助けたのみならず、約束を違えず『いざ鎌倉』を成し遂げた報奨を得ることにより、一気に出世をした心に錦を持つ武士の風格こそが見どころなっております。
狂言は、土地をめぐる隣人との訴訟と夫婦仲を描いた「右近左近【おこさこ】」を上演致します。
昼の部は、数少ない、雪の季節を舞台としました女性の艶やかな舞が見どころの能、「葛城【かずらき】」を上演致します。。前半は、山伏が雪の葛城山にて立ち往生しているところ、ひとりの女性により庵に通されたき火によりもてなさられるといった内容、後半は葛城山の女神によります美しい舞が見どころとなっております。
狂言は、東北の名取を舞台としました「名取川【なとりがわ】」を上演致します。立派なはずの僧がうろたえ、勘違いをするさまを描いた演目です。
能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

◆日時:2019年11月2日(土)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場:鎌倉能舞台
◆入場料:5,500円
◆演目:
10時始め
・解説「雪の曲 二題」中森 貫太
・狂言「右近左近(おこさこ)」大藏 教義
・能「鉢木(はちのき)」中森 貫太
14時始め
・解説「雪の曲 二題」中森 貫太
・狂言「名取川(なとりがわ)」大藏 教義
・能「葛城(かづらき)」遠藤 喜久
【投稿者:鎌倉能舞台】 管理No.101023

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

11月24日(日)  講座・セミナー  やさしい相続セミナー
〜愛する家族へ「想い」と「資産」を円満にバトンタッチするために〜
今年40年ぶりに相続法が大改正されることもあり、現在相続への関心が非常に高まっております。その反面、遺産分割に関する裁判所への相談件数は年々増加しております。「財産が少ないから相続対策は必要ない」と考えていると思わぬもめごとになってしまう可能性があります。愛する家族へ円満に相続するために今から一緒に考えていきましょう!
●なぜ相続対策が必要なのか?
●ここだけは押さえたい相続税の基礎知識
●相続対策に必要な3つの柱とは?
元国税庁職員の税理士、千田啓介氏が具体的な事例を交えながらわかりやすくご説明いたします。

【開催時間】14時〜15時
【開催場所】ダイヤモンド鎌倉別邸ソサエティ 1階会議室
【住  所】鎌倉市由比ガ浜3-12-25 ※江ノ電由比ガ浜駅から徒歩3分
【参加料金】500円(お菓子・コーヒー付)
【主催講師】元国税庁職員 相続専門税理士 千田啓介(ちだけいすけ)
【申込み先】0467-25-6680 ダイヤモンド鎌倉別邸ソサエティ

【投稿者:松岡祐二】 管理No.101028

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP