トップ 常栄寺 


日蓮とぼたもちの逸話

常栄寺(ぼたもち寺)


日蓮宗。かって源頼朝が寺の裏山に桟敷(展望台)を設けたことから、のちに住んでいた尼は桟敷尼と呼ばれた。その尼が、幕府に反抗して捕らえられた日蓮が龍ノ口の刑場に連れて行かれる際、ごまのぼた餅をあげたことから「ぼたもち寺」の愛称で親しまれている。本尊は三宝祖師、両脇に鬼子母神像、桟敷尼像を安置。

住所 鎌倉市大町1-12-11
TEL 0467-22-4570
時間 -
料金 無料
交通
アクセス
JR鎌倉駅東口から徒歩13分
主な
みどころ
桟敷尼・左衛門尉祐信の墓、阿仏尼の屋敷跡