トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第148号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.148(2006年7月4日)



No.147
No.149



コバルトブルーのかけら


 浜辺に落ちているガラスビンのかけらは

 シーグラスあるいはビーチグラスと呼ばれて

 います。昔のガラスビンのかけらですね。

 ガラスビンの口の部分も落ちています。

 明治のものでしょうか? コルクの栓が

 してあったビンです。



 底にはきれいな模様がエンボスで描かれて

 います。

 コバルトブルーのビンは古いビンです。
 
 表面もこのようにツルツルではなくなって

 います。



 小さなかけらでもコバルトブルーは

 目立ちますね。 80年から100年前の

 ガラスビンのかけら拾えると嬉しいですね。

 このような青いガラスには、コバルトや銅が

 使われて発色されていました。


No.147
No.149