トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第220号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.220(2007年1月23日)



No.219
No.221



小さなグランドキャニオン


 強い風が吹き荒れている浜辺には

 いつもと違う景色が見えます。

 強い風で荒れた波が砂場を削って行きます。

 その結果、小さなグランドキャニオンが現れる

 のです。



 波に浸食された砂場は渓谷のようです。

 この景色も新鮮に見えませんか?

 ともかく自然が創り出した造形は大きくとも

 小さくとも同じようでもあります。

 ともに見ている者に感動を与え、自然のヒント

 、そして美しさを与えています。



 浸食のない浜辺には 波の華が残されていました。


No.219
No.221