トップ鎌倉好き集まれ!山田海人さんトップ 第251号 


▲山田海人さんトップへ戻る

山田海人さんの鎌倉リポート No.251(2007年5月22日)



No.250
No.252



活き生な虫達


 昔、と言っても昭和30年代までは鎌倉の野山には

 このエビネランがあちらこちらにはえていました。

 エビネもよく見ると虫を誘うように花弁が伸びて

 いますね。

 虫にはこのようなハエも含まれます。

 ハエだって花粉を運んでいるのです。

 一茶は「手をする」と表現しましたが

 鎌倉のハエは南無阿弥陀仏と拝んで

 いるように見えます。



 ハチの体にはこんなに毛がはえて

 いるのかと思う程毛むくじゃらです。

 この毛に花粉が付いて運ばれるのですね。

 こんなコンコルドな虫も羽を

 休ませていました。



 ハエの仲間にも毛むくじゃらなのが

 いました。

 虫達もせっせと社会貢献していますね。


No.250
No.252