情報サキドリカレンダー

鎌倉に関するイベントをカレンダーとリスト形式でお届けします。カレンダー上のイベントをクリックするとイベント内容にジャンプします。
【掲載されている情報の期間】2022年9月1日〜2023年1月末日

情報の投稿はこちらから。

イベント・行事・祭寺社行事複合イベント音楽美術演劇・踊り工芸写真、映像体験、展示講座・セミナー、教育、教室フリーマーケットTV、雑誌、お知らせ、その他終了

イベント予定一覧

■2022年12月18日(日)
音楽クリスマスコンサート in 鎌倉 ~ピアノカルテットによる聖なる調べ~
鎌倉出身ピアニストの礒部章子さんをはじめ、神奈川県で活躍中の演奏家によるクリスマスコンサートです。
クリスマスメドレーから本格的なクラシックまで、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる豪華な共演をお楽しみ下さい!

日時:2022年12月18日(日) 13:00開演 12:30開場
会場:鎌倉生涯学習センターホール
入場料:前売3,000円(当日3,500円)/学生券前売1,500円
全席自由

チケット取扱・問い合わせ:ソン・イマージュ sonimageparis@gmail.com 鎌倉出身ピアニストの礒部章子さんをはじめ、神奈川県で活躍中の演奏家によるクリスマスコンサートです。
クリスマスメドレーから本格的なクラシックまで、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる豪華な共演をお楽しみ下さい!

日時:2022年12月18日(日) 13:00開演 12:30開場
会場:鎌倉生涯学習センターホール
入場料:前売3,000円(当日3,500円)/学生券前売1,500円
全席自由

チケット取扱・問い合わせ:ソン・イマージュ sonimageparis@gmail.com
■2022年12月2日(金)〜2023年1月9日(月)
美術/展示企画展「冬の輝き―美人画と押絵羽子板―」
鏑木清方は随筆で「冬をさう厭はしく思ふことはなかった。第一好きな雪が降る。」
(『鏑木清方文集四 春夏秋冬』)とつづり、落ち葉焚きや小雪の舞う黒田川など凛とした冬の美しさを好んで描きました。また、年の暮れから新年の賑わう街と人々の様子にも趣を感じ、古きよき新春の風景も作品や口絵に描きました。
本展覧会では、冬景色に取材した作品とともに、名押絵師・永井周山が清方作品を意匠化した押絵羽子板「明治風俗十二ケ月」をご紹介します。
鏑木清方は随筆で「冬をさう厭はしく思ふことはなかった。第一好きな雪が降る。」
(『鏑木清方文集四 春夏秋冬』)とつづり、落ち葉焚きや小雪の舞う黒田川など凛とした冬の美しさを好んで描きました。また、年の暮れから新年の賑わう街と人々の様子にも趣を感じ、古きよき新春の風景も作品や口絵に描きました。
本展覧会では、冬景色に取材した作品とともに、名押絵師・永井周山が清方作品を意匠化した押絵羽子板「明治風俗十二ケ月」をご紹介します。
■2022年11月18日(金)〜2022年12月11日(日)
寺社行事長谷寺 紅葉ライトアップ
日没~19:00閉門(19:30閉山)
※荒天中止・混雑時は入場制限の場合有/ペットの入場不可

長谷寺では、上記期間中、美しく色づいた木々が伽藍と共に幻想的に浮かび上がる「紅葉ライトアップ」が行われます。夕暮れと共にゆっくりとライトが点灯されていき、美しく色づいた木々が幻想的な風景に移りゆく様は見事です。普段はみられない色付く前のライトアップも緑が強調され非常に美しい光景が見られます。 日没~19:00閉門(19:30閉山)
※荒天中止・混雑時は入場制限の場合有/ペットの入場不可

長谷寺では、上記期間中、美しく色づいた木々が伽藍と共に幻想的に浮かび上がる「紅葉ライトアップ」が行われます。夕暮れと共にゆっくりとライトが点灯されていき、美しく色づいた木々が幻想的な風景に移りゆく様は見事です。普段はみられない色付く前のライトアップも緑が強調され非常に美しい光景が見られます。
終了■2022年12月3日(土)〜2022年12月4日(日)
イベント・行事・祭江ノ電「タンコロまつり2022」開催
江ノ島電鉄と江ノ電ファンクラブが共催する「タンコロまつり2022」が3年ぶりに開催されます。
江ノ電車両の整備が行われている極楽寺検車区の一般公開に合わせて行われるものです。

■開催日時:2022年12月3日(土)、4日(日)10:00~15:00(最終入場14:30)
■開催場所:江ノ電極楽寺検車区(極楽寺駅から徒歩2分)
※入場無料
※雨天中止(中止の場合は江ノ島電鉄ホームページで告知) 江ノ島電鉄と江ノ電ファンクラブが共催する「タンコロまつり2022」が3年ぶりに開催されます。
江ノ電車両の整備が行われている極楽寺検車区の一般公開に合わせて行われるものです。

■開催日時:2022年12月3日(土)、4日(日)10:00~15:00(最終入場14:30)
■開催場所:江ノ電極楽寺検車区(極楽寺駅から徒歩2分)
※入場無料
※雨天中止(中止の場合は江ノ島電鉄ホームページで告知)
終了■2022年11月27日(日)
イベント・行事・祭鎌倉十三仏大祭
鎌倉十三仏霊場札所寺院の僧侶が集まり、大祭法要を執り行い、腕輪念珠型に仕立てたものをお授けします。また、僧侶による座談会、鎌倉十三仏巡り御朱印展示も行います。

開催日:2022年11月27日(日)
場所:jokomyoji(鎌倉市扇ガ谷2−12−1)

■大祭 13:00〜15:30 ※大祭に参列するには事前申込が必要です
【内容】法要、僧侶による座談会、鎌倉十三仏巡り御朱印展示
お布施 おひとり1,000円、十三仏特別念珠お授け(ご希望の方のみ15,000円)

■15:30〜16:30
大祭に参列できなかった方は以下の拝観が可能です。
【内容】文殊菩薩特別拝観、鎌倉十三仏巡り御朱印展示
お布施 おひとり1,000円

【申込方法】往復はがきに、①参加希望人数(1通につき3名まで) ②代表者〒 ③代表者住所 ④代表者名 ⑤ふりがな ⑥代表者年齢 ⑦代表者連絡先TEL ⑧他の参加希望者の氏名・ふりがな・年齢 ⑨十三仏特別念珠のお授けを希望するかしないか(希望する場合はその個数) を明記の上、下記住所までお送り下さい。
〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜2-3-7-301 鎌倉十三仏詣実行委員会事務局 大祭係

【お問合せ】鎌倉十三仏詣実行委員会事務局 TEL:0467-40-3044
【詳細】https://13butsu.net/taisai.html
鎌倉十三仏霊場札所寺院の僧侶が集まり、大祭法要を執り行い、腕輪念珠型に仕立てたものをお授けします。また、僧侶による座談会、鎌倉十三仏巡り御朱印展示も行います。

開催日:2022年11月27日(日)
場所:jokomyoji(鎌倉市扇ガ谷2−12−1)

■大祭 13:00〜15:30 ※大祭に参列するには事前申込が必要です
【内容】法要、僧侶による座談会、鎌倉十三仏巡り御朱印展示
お布施 おひとり1,000円、十三仏特別念珠お授け(ご希望の方のみ15,000円)

■15:30〜16:30
大祭に参列できなかった方は以下の拝観が可能です。
【内容】文殊菩薩特別拝観、鎌倉十三仏巡り御朱印展示
お布施 おひとり1,000円

【申込方法】往復はがきに、①参加希望人数(1通につき3名まで) ②代表者〒 ③代表者住所 ④代表者名 ⑤ふりがな ⑥代表者年齢 ⑦代表者連絡先TEL ⑧他の参加希望者の氏名・ふりがな・年齢 ⑨十三仏特別念珠のお授けを希望するかしないか(希望する場合はその個数) を明記の上、下記住所までお送り下さい。
〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜2-3-7-301 鎌倉十三仏詣実行委員会事務局 大祭係

【お問合せ】鎌倉十三仏詣実行委員会事務局 TEL:0467-40-3044
【詳細】https://13butsu.net/taisai.html
終了■2022年11月20日(日)
音楽鎌倉シティブラス 第41回定期演奏会
【日時】2022年11月20日(日)13:45開場 14:30開演
【場所】鎌倉芸術館大ホール(大船駅徒歩10分)入場無料/未就学児可
※感染症の状況により中止する場合がございます。詳細は当団HPをご確認ください

ジャパニーズ・コレクションズ ~日本人作曲家中心で構成した吹奏楽の世界~
Ⅰ部
・行進曲「希望の空」
・たなばた
・風紋
・【世界初演】Sea Poem(2014)~海の詩~ (作曲:岡村 雄之典)

Ⅱ部
・「鎌倉殿の13人」メインテーマ
・ユーミン・ポートレート
・美空ひばりメドレー
・涙そうそう
・「千と千尋の神隠し」Highlights

お問い合わせTEL:080-5527-1275(田原)
E-mailアドレス:kcb_webinfo2007@yahoo.co.jp
鎌倉シティブラスHP:http://kcb1979.com/

ご来場のお客様へお願い(新型コロナウィルス感染症対策について)
鎌倉市および鎌倉芸術館のガイドラインに基づいた感染防止対策を行いながら本公演を実施いたします。
下記についてご確認ください
・ご来場前に体調をご確認の上、体調のすぐれない場合はご来場をお控えください
・感染防止対策上、開場時間前のご来場はご遠慮いただけますようご協力願います
・ご来場時の手指の消毒・検温と常時マスクの着用にご協力願います。発熱がみられた場合は入場をお断りさせていただきます
・当日ご来場者のお名前・ご連絡先を所定の用紙にご記入いただきますのでご協力願います(いただいた個人情報は公演後一定期間保管後、適正に破棄します)
・花束・手紙・プレゼント等や終演後の出演者との面会はご遠慮ください 【日時】2022年11月20日(日)13:45開場 14:30開演
【場所】鎌倉芸術館大ホール(大船駅徒歩10分)入場無料/未就学児可
※感染症の状況により中止する場合がございます。詳細は当団HPをご確認ください

ジャパニーズ・コレクションズ ~日本人作曲家中心で構成した吹奏楽の世界~
Ⅰ部
・行進曲「希望の空」
・たなばた
・風紋
・【世界初演】Sea Poem(2014)~海の詩~ (作曲:岡村 雄之典)

Ⅱ部
・「鎌倉殿の13人」メインテーマ
・ユーミン・ポートレート
・美空ひばりメドレー
・涙そうそう
・「千と千尋の神隠し」Highlights

お問い合わせTEL:080-5527-1275(田原)
E-mailアドレス:kcb_webinfo2007@yahoo.co.jp
鎌倉シティブラスHP:http://kcb1979.com/

ご来場のお客様へお願い(新型コロナウィルス感染症対策について)
鎌倉市および鎌倉芸術館のガイドラインに基づいた感染防止対策を行いながら本公演を実施いたします。
下記についてご確認ください
・ご来場前に体調をご確認の上、体調のすぐれない場合はご来場をお控えください
・感染防止対策上、開場時間前のご来場はご遠慮いただけますようご協力願います
・ご来場時の手指の消毒・検温と常時マスクの着用にご協力願います。発熱がみられた場合は入場をお断りさせていただきます
・当日ご来場者のお名前・ご連絡先を所定の用紙にご記入いただきますのでご協力願います(いただいた個人情報は公演後一定期間保管後、適正に破棄します)
・花束・手紙・プレゼント等や終演後の出演者との面会はご遠慮ください
終了■2022年11月12日(土)
寺社行事写真供養感謝祭
浄智寺 11:00〜14:00 浄智寺 11:00〜14:00
終了■2022年11月3日(木)
寺社行事北条重時墓前祭
2022年11月3日、極楽寺で開基である北条重時公の墓前祭が行われます。
今年は「来て、見て、学ぶ」がテーマで開催されます。 2022年11月3日、極楽寺で開基である北条重時公の墓前祭が行われます。
今年は「来て、見て、学ぶ」がテーマで開催されます。
終了■2022年11月3日(木)〜2022年11月5日(土)
寺社行事建長寺 宝物風入れ
建長寺 得月楼にて
9:00〜16:00 建長寺 得月楼にて
9:00〜16:00
終了■2022年11月3日(木)〜2022年11月5日(土)
寺社行事円覚寺 宝物風入れ
円覚寺
9:00〜16:00
①国宝「舎利殿」特別公開
特別拝観料:高校生以上300円、小中学生100円
②円覚寺所蔵 文化財の特別展示
会場:大方丈/大書院
③法話と坐禅の会「功徳林」を開催 円覚寺
9:00〜16:00
①国宝「舎利殿」特別公開
特別拝観料:高校生以上300円、小中学生100円
②円覚寺所蔵 文化財の特別展示
会場:大方丈/大書院
③法話と坐禅の会「功徳林」を開催
終了■2022年10月22日(土)〜2022年11月27日(日)
美術/展示特別展「清方の大正時代 ―至上の美を求めて―」
【開館時間】 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、11月15日(火)
【観 覧 料】一般450円(310円)、小・中学生220円(150円)※( )内は20名以上の団体 料金。20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折 【開館時間】 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、11月15日(火)
【観 覧 料】一般450円(310円)、小・中学生220円(150円)※( )内は20名以上の団体 料金。20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
終了■2022年10月9日(日)
寺社行事絵筆塚祭
荏柄天神社 13時〜
学問の神様・菅原道真公をお祀りする荏柄天神社。その境内にある絵筆塚は多くの漫画家の絵に飾られています。絵筆塚祭では、漫画絵の行灯が参道に並び、筆供養が行われます。大きな「梅鉢」と呼ばれる鉢で古くなった筆を焚き上げて供養し、書道や絵の上達をお祈りします。例年は漫画家の先生方による「似顔絵コーナー」も行われていましたが、コロナ渦より「かっぱ絵コンクール」とともに中止となっています。 荏柄天神社 13時〜
学問の神様・菅原道真公をお祀りする荏柄天神社。その境内にある絵筆塚は多くの漫画家の絵に飾られています。絵筆塚祭では、漫画絵の行灯が参道に並び、筆供養が行われます。大きな「梅鉢」と呼ばれる鉢で古くなった筆を焚き上げて供養し、書道や絵の上達をお祈りします。例年は漫画家の先生方による「似顔絵コーナー」も行われていましたが、コロナ渦より「かっぱ絵コンクール」とともに中止となっています。
終了■2022年9月24日(土)
音楽湘南弦楽合奏団 第63回演奏会
湘南弦楽合奏団 第63回演奏会

2022年9月24日(土) 14:00開演(13:20開場)
鎌倉芸術館 大ホール(JR大船駅より徒歩約10分)

入場料 全席自由 前売 800円/当日 1,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

前売チケット取扱い
◆電子チケット「teket(テケト)」6月25日 9:00~9月24日 12:30
 https://teket.jp/3455/12244
◆紙チケット 販売窓口 6月25日~9月22日
 鎌倉芸術館(JR大船駅徒歩10分)0467-48-5500

ヘンデル 合奏協奏曲 ト長調 Op.6-1
J.S.バッハ 6声のリチェルカーレ
ラモー 組曲「優雅なインドの国々」より(弦楽合奏版)
ドヴォルザーク 弦楽のためのセレナーデ

指揮 三河正典

湘南弦楽合奏団は湘南地方で活動するアマチュアの弦楽オーケストラです。
今回の演奏会では、幸福感にあふれるドヴォルザークのセレナーデと、バッハ、ヘンデル、ラモーのバロック音楽3曲を演奏します。ラモーの「優雅なインドの国々」は、同名のオペラから弦楽合奏用に編曲された組曲で、その中の1曲「未開人の踊り」は単独でも演奏される人気曲です。

【ご来場時のお願い】
◆発熱、咳など風邪の症状がある場合、ご来場をお控えください。
◆マスクの着用、体温測定、手指の消毒のご協力をお願いします。
 37.5℃以上の熱がある場合はご入場できません。
◆花束・プレゼント、ご面会等はご遠慮いただくようお願いします。
 花束等の預かり窓口を設けていません。

後援
鎌倉市教育委員会

お問合せ
shonan_strings@yahoo.co.jp 湘南弦楽合奏団 第63回演奏会

2022年9月24日(土) 14:00開演(13:20開場)
鎌倉芸術館 大ホール(JR大船駅より徒歩約10分)

入場料 全席自由 前売 800円/当日 1,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

前売チケット取扱い
◆電子チケット「teket(テケト)」6月25日 9:00~9月24日 12:30
 https://teket.jp/3455/12244
◆紙チケット 販売窓口 6月25日~9月22日
 鎌倉芸術館(JR大船駅徒歩10分)0467-48-5500

ヘンデル 合奏協奏曲 ト長調 Op.6-1
J.S.バッハ 6声のリチェルカーレ
ラモー 組曲「優雅なインドの国々」より(弦楽合奏版)
ドヴォルザーク 弦楽のためのセレナーデ

指揮 三河正典

湘南弦楽合奏団は湘南地方で活動するアマチュアの弦楽オーケストラです。
今回の演奏会では、幸福感にあふれるドヴォルザークのセレナーデと、バッハ、ヘンデル、ラモーのバロック音楽3曲を演奏します。ラモーの「優雅なインドの国々」は、同名のオペラから弦楽合奏用に編曲された組曲で、その中の1曲「未開人の踊り」は単独でも演奏される人気曲です。

【ご来場時のお願い】
◆発熱、咳など風邪の症状がある場合、ご来場をお控えください。
◆マスクの着用、体温測定、手指の消毒のご協力をお願いします。
 37.5℃以上の熱がある場合はご入場できません。
◆花束・プレゼント、ご面会等はご遠慮いただくようお願いします。
 花束等の預かり窓口を設けていません。

後援
鎌倉市教育委員会

お問合せ
shonan_strings@yahoo.co.jp
終了■2022年9月15日(木)〜2022年10月19日(水)
美術/展示特別展「鏑木清方と渡辺省亭―江戸画人の水脈―」
繊細かつ洒脱な画風で異才を放った渡辺省亭(1852~1918)。江戸情緒や身近な四季の移ろいを繊細に描き、「省亭風」と呼ばれた作風が明治・大正の市井の人々に愛されました。近年その画業が紐解かれ、再評価されています。
清方は13歳で挿絵画家をこころざす前から、本や雑誌に載せられた省亭の口絵や挿絵に接し、その清新な画風に魅せられていました。一時省亭に花鳥画を学んだ水野年方に入門して研鑚を積み、やがて流麗な線描と情緒豊かな作風で挿絵画家、日本画家として名を馳せるようになります。省亭の作品を蒐集して自宅の床の間に飾り、晩年まで省亭に私淑した清方。「省亭は、年方に直結して、間接には私にまで及んでゐる」(『こしかたの記』)と、省亭からの影響を随筆の中でも語っています。
本展覧会では、省亭と清方の作品を並べて紹介し、省亭から清方へと連なる美の伝承を辿ります。
繊細かつ洒脱な画風で異才を放った渡辺省亭(1852~1918)。江戸情緒や身近な四季の移ろいを繊細に描き、「省亭風」と呼ばれた作風が明治・大正の市井の人々に愛されました。近年その画業が紐解かれ、再評価されています。
清方は13歳で挿絵画家をこころざす前から、本や雑誌に載せられた省亭の口絵や挿絵に接し、その清新な画風に魅せられていました。一時省亭に花鳥画を学んだ水野年方に入門して研鑚を積み、やがて流麗な線描と情緒豊かな作風で挿絵画家、日本画家として名を馳せるようになります。省亭の作品を蒐集して自宅の床の間に飾り、晩年まで省亭に私淑した清方。「省亭は、年方に直結して、間接には私にまで及んでゐる」(『こしかたの記』)と、省亭からの影響を随筆の中でも語っています。
本展覧会では、省亭と清方の作品を並べて紹介し、省亭から清方へと連なる美の伝承を辿ります。
終了■2022年7月2日(土)〜2022年9月11日(日)
美術/展示企画展「夏から秋へ ―季節のよそおい―」
鏑木清方が描く女性たちの装いは、美しさや華やかさを表現するのみならず、描かれた時代や季節を表わし、人物の人となりを表わすものでもありました。江戸文化の名残をとどめる東京の下町ではぐくまれた感性と、たゆまぬ時代風俗の研究により描かれた和の装いは、清方の美意識の結晶ともいえます。
 なかでも白と藍とが織りなす浴衣の情趣を、清方はこよなく愛しました。駆け出しの挿絵画家だった頃、挿絵の仕事とかけもちで浴衣の図案を描き、日本画家となってからも浴衣の意匠を手掛けた清方は、浴衣の図案集を出すことも考えたほどでした。「團扇とゆかた、それはとりもなほさず都會人の、といふよりは、東京のものの夏の生活そのものと云へるではあるまいか。(「團扇と浴衣」)清方の心の中で、浴衣は、古きよき時代の夏の情景と深く結びついているのです。
 本展覧会では、夏から秋にかけての季節の装いを描いた作品を、清方が考案した浴衣地や描き絵を施した絽の着物とともにご紹介します。 鏑木清方が描く女性たちの装いは、美しさや華やかさを表現するのみならず、描かれた時代や季節を表わし、人物の人となりを表わすものでもありました。江戸文化の名残をとどめる東京の下町ではぐくまれた感性と、たゆまぬ時代風俗の研究により描かれた和の装いは、清方の美意識の結晶ともいえます。
 なかでも白と藍とが織りなす浴衣の情趣を、清方はこよなく愛しました。駆け出しの挿絵画家だった頃、挿絵の仕事とかけもちで浴衣の図案を描き、日本画家となってからも浴衣の意匠を手掛けた清方は、浴衣の図案集を出すことも考えたほどでした。「團扇とゆかた、それはとりもなほさず都會人の、といふよりは、東京のものの夏の生活そのものと云へるではあるまいか。(「團扇と浴衣」)清方の心の中で、浴衣は、古きよき時代の夏の情景と深く結びついているのです。
 本展覧会では、夏から秋にかけての季節の装いを描いた作品を、清方が考案した浴衣地や描き絵を施した絽の着物とともにご紹介します。