トップ鎌倉好き集まれ!春風裕さんトップ 第60号 


▲春風裕さんトップへ戻る

春風裕さんの鎌倉リポート No.60(2010年3月20日)



No.59
No.61



円覚寺と海蔵寺の春の花

円覚寺



白木蓮
春の花をチェックするために、まずは北鎌倉の円覚寺から。

境内に入って一番目立っているのは、ミツマタかも知れないけれど、一番見事だったのは、仏日庵の白木蓮だろう。

見事に満開の花を咲かせていた。この連休が見頃なのかも知れない。



三椏
境内のあちこちに三椏(みつまた)の花が咲いていた。

特に見事だったのは、如意庵の石段近くの三椏の花である。

竹林をバックにぱっと花を咲かせていた。



水仙
冬の花、水仙はもうほとんど終わっていたのだろう。

ぽつりとひとつ咲いていた花が、何となく気になった。

季節は同じところに立ち止まってはいないってことかな。



きぶし
鎌倉の山にはきぶしが多いように思える。

かんざしのようにぶら下がった花が目立っていた。

山際を見ると必ずきぶしが目立っている気がする。

海蔵寺



海棠
海蔵寺と言えば、海棠(かいどう)が気になる。

蕾をチェックしてきた。

もしかするとあと1週間ほどで咲いてしまうかも知れない。

1年前から楽しみにしていた花だ。



三椏
海蔵寺にも三椏(みつまた)の花が咲いていた。

立派だったのは円覚寺の如意庵近くの三椏だけど、海蔵寺は境内の風景になじんでいた気がする。



ユキヤナギ
海蔵寺の門の両側のユキヤナギが、見事に満開だった。

真っ白な花が目を引いていた。

カメラマンがユキヤナギの小径に集まっていた。

鎌倉の春はいよいよ本番を迎える。


No.59
No.61