トップ鎌倉好き集まれ!春風裕さんトップ 第52号 


▲春風裕さんトップへ戻る

春風裕さんの鎌倉リポート No.52(2009年11月28日)



No.51
No.53



光〜霜月(後篇)

材木座と光明寺(11月27日)




海面に太陽の眩い光が反射して、キラキラと光っていた。

ここは材木座辺りの海岸、今の季節は静けさを増しているようだ。

遠くには、江ノ島も見える。

光が多すぎて、霞んでしまっているようだ。

光明寺の裏山へと上って行く。

トンネルの陰に射し込む光が面白い。

光明寺の大きな銀杏の向こうに、光で霞んで江ノ島が見えた。

深まる秋の割には、あったかい休日だった。







光明寺は、猫の楽園かも知れない。

ひなたぼっこしている猫がいた。

足を怪我している猫は、少しこちらを警戒している。

足が痛くて動けないのか、じっとこちらを見ているだけ。

太陽の光が眩しそうな眼をしている。

円覚寺(11月28日)

北鎌倉の円覚寺辺りの紅葉が、見頃を迎えていた。

1週間であっと言う間に紅葉が広がった。

紅葉の見頃はどれくらい続くのだろう。

今が一番良い時のようだ。







妙香池に紅葉が映っていた。

すぐ近くの山が朝陽に映えていた。

円覚寺を歩くのは、朝が良いと思う。

朝の光に満ちていて、いろんな葉っぱが輝き始める。

背丈の高い銀杏の葉っぱだけが、やけに輝いていた。

大方丈の建物に、向かいの紅葉が映っていた。

どこを見ても、見事な紅葉が見られる季節になった。







銀杏の黄色い葉っぱは、朝陽に輝いている。

もみじの葉っぱも朝陽が当たる部分が、眩しいくらいだ。

葉っぱは光に透かした方が、美しい。

朝の光に満ちた円覚寺は、今が一番良い時かも知れない。


No.51
No.53