トップ鎌倉好き集まれ!春風裕さんトップ 第51号 


▲春風裕さんトップへ戻る

春風裕さんの鎌倉リポート No.51(2009年11月21日)



No.50
No.52



光〜霜月(中篇)

円覚寺(11月18日)




円覚寺の総門から振り返ってみた。

光と色彩に満ちた風景が広がった。

門前を通り、石段を上ってくる人達の心にも、光が満ちているかのようだ。

今は薄暗いところに立っていても、光が見えると、勇気に満ちてくる。

光は小さな命を、応援しているようだ。

小さな緑を鮮やかに照らして、そっと育んでいるみたいだ。

小さいけれど、大切にしたい。

そんな想いを見つけられそうだ。







まばゆいばかりの光に満ちていた。

東慶寺の木々が光に映えていた。

円覚寺の境内にも、光が満ちていた。

東の空に傾きかけた太陽が、僕達をそっと包んでくれた。

あったかい陽射しだ。

光は影を作る。

影は光の当たった部分を鮮明にする。

どちらも無くてはならないものだと思う。

夜には夜明けが必要だ。

活動的な昼間にも、休息の夜は必要だ。




円覚寺(11月21日)




朝の光と夕暮れ時の光は、少し違っている。

これは朝の光だ。

夜が明け、明るい昼間へ向かっていく元気がある。

いつもいつも明るい方に向かって行けたらいいね。

光というキーワードで、写真を見てみた。

もっともっと光を撮ってみたいと思った。

光で白けた写真や影が真っ黒になった写真があった。

きっと拙い写真なんだ。

でも、そんな写真を敢えて撮ってみようかなと思った。







季節ごとにも、違った光があると思う。

同じ季節にも、違った光があると思う。

同じ一日にも、違った光があると思う。

いろんな光を採ってみようと思う。

今の鎌倉は、色彩溢れる光に。満ちている。


No.50
No.52