トップ鎌倉好き集まれ!春風裕さんトップ 第50号 


▲春風裕さんトップへ戻る

春風裕さんの鎌倉リポート No.50(2009年11月27日)



No.49
No.51



光〜霜月(前篇)

東慶寺(11月3日)




東慶寺は、境内の奥へ行くほど薄暗くなってしまう。

鎌倉特有の谷戸と呼ぶ地形のせいだったり、木々に太陽の光が遮られていたりするからだろう。

そんな薄暗い林に射し込む光は、とても眩い。

そして、もみじの葉っぱや竹の葉っぱが輝き始める。

永福寺跡(11月7日)

白いススキの穂も、光が無いと輝かない。

ススキの天国になっている永福寺跡の周りを少し歩いてみた。

永福寺があった頃はどんなだったろう、そんな想いを巡らせてみる。

今は、とても静かで、ちょっと寂しい場所だ。




鶴岡八幡宮(11月7日)




池に映る木々の紅葉や真っ白な美術館が、とても美しい。

鶴岡八幡宮は、僕にとってみると、鎌倉散策の始まりと終わりの場所みたいだ。

夕方に帰り着いたら、鳥居の向こうに夕暮れの光が見えた。

長谷寺(11月15日)

長谷寺の紫陽花の小径(紫陽花の頃以外は名前が変わっていると思うけど)からの眺めはとても素晴らしい。

由比ガ浜や材木座から逗子あたりの眺めが良い。

この日は特に目がくらむほど海が輝いていた。

思い切り露出を落として撮ってみたら、こんな写真になった。

実際は、下の方が見たままの風景だ。







長谷寺には、石仏が沢山ある。

可愛いお地蔵さんもあちこちにある。

陽射しが射し込んで、石仏が眩しそうに見えた。

ガラスに映った和み地蔵が微笑んでいた。

光則寺(11月15日)

光則寺奥の薄暗い土牢前の林から、光が射し込んでいた。

訪れる人は少ないお寺だから、ほっとした時間を楽しめたりする。

そこにどんなものがあるか、それも大事だが、それを見つめる眼の方が、もっと大事だと思う。

写真を撮り始めて、感じつつあることだ。




海蔵寺(11月15日)




光をうまく捕まえることができたなら、何となく良い写真のように見えてくる。

写真は光をうまく捕まえることが大事だと思う。

光を遮るものがあって、影ができる。

影の存在が、光をより光らしくする。

そんな風景は、鎌倉のいろんなところにある。


−何となく、いつもと違ったレポートにしてみました。伝わるものがあったでしょうか。鎌倉の秋はどんどん深まって行きます。冬の日の陽射しの暖かさを撮ることができたら、師走バージョンも作ってみます。その前に霜月バージョンの後編をアップしたいと思っていますが。


No.49
No.51